副業レビュー

【副業レビュー】新型給付金プロジェクト「One」で本当にお金がもらえる?特商法などを徹底調査!

こんにちは、やなピーです。

今回は、新型給付金プロジェクト「ONE」について調査を行いました。

その謳い文句は、「企業からあなたに毎月31万円の給付金が無条件で振り込まれる!?」というもの。

信頼できるか否かを抜きにすれば、そのキャッチコピーは鮮烈な印象を与えます。

1日1万円が無条件に振り込まれると謳っているわけですからね。

本記事ではこの新給付金「ONE」について、サイトのLPから信頼性を徹底検証してきます。

1. 新型給付金「ONE」とは

それでは早速、サイトのLPを見ながら新型給付金「ONE」の詳細をチェックしていきましょう。

<参考>https://one-benefit.com/lp/b93911chc/

 

サイト上部で一番初めに目に入るのが、

「350社を超える提携企業があなたの口座に毎月31万円の給付金を毎月一生涯、振り込み続ける!?」というキャッチコピー。

このコロナ禍で疲弊する企業が日本に多く存在するにもかかわらず、

350社もの企業が口座に毎月31万円を落としてくれるなんて本当なのでしょうか。

そして「ONE」に加入する会員数が増えれば増えるほど、当然企業側が振り込む額も増加します。

どのようなシステムで振り込みを行うのか、気になるところです。

そして指摘した会員数については、500名という上限があるそう。

ただ対象人数が残り13名となっており、早めの登録を喚起するメッセージが表示されています。

対象枠の限度が迫っていることを示すことで、消費者の購買意欲を高めようという手法は、どの業界にも見られるものですね。

この数字を鵜呑みにして扇動されることなく、しっかりと自分の価値観で情報を吟味する必要があります。

 

サイト下部には氏名(苗字で可とのこと)とメールアドレスを入力するフォームがありました。

すると画像の通り、送信先がセキュリティにより保護されていないというメッセージが。

顧客情報を扱うサービスであれば、ページのセキュリティ保護は必要最小限度のリスク管理です。

セキュリティの頑強さを謳う企業であっても、外部からの攻撃により顧客情報が流出したという事例はいくらでもありますよね。

そのため商品自体の信頼性はともかく、「この企業のセキュリティ面は大丈夫なのだろうか…」といった、心配はしてしまいます。

2. 新型給付金「ONE」のお金の出所は?

次に本章では、気になる新型給付金「ONE」から支給される給付金の出所を見ていきましょう。

給付されるシステムをしっかりと把握することは、信頼性を測る手助けになります。

さて、サイトではこのように書かれています。

どうやら企業の商品やサービスの紹介サイト上でメールアドレスを登録することで、

企業側から謝礼という形で、1件あたり1000円を受け取ることができるそう。

インターネット上の広告などに支払われる広告料などと似たようなシステムですね。

しかしこれで話の全貌が見えてきました。

この記事を書いている僕自身は、トップページにあった「今すぐ」や、「無条件に」といったワードから、

企業側から可及的速やかに、消費者側にお金が振り込まれるのだと考えていました。

この記事をご覧下さる方の中にも、そのように思っていた方はいらっしゃるかと思います。

そのため過剰広告とは言えずとも、少なくとも誤解を招くような表現であることは間違い無いでしょう。

3. 新型給付金「ONE」の特商法に基づく表記は?

次に、新型給付金「ONE」での特商法に基づく表記を確認していきましょう。

特商法は「特定商取引法」の略語で、消費者を守るために商品に義務付けられた表記などを規定しています。

この特商法により企業側に義務付けられる表記には、

企業名・代表・住所・返品方法・商品の値段・支払い方法などがあります。

その中でもやはり気になるのが、返品方法などの商品の保証に関する部分。

本章ではその辺りを重点的にチェックしていきましょう。

 

上の画像は、新型給付金「ONE」の特商法に基づく表記となります。

責任者・住所・メールアドレス・表現や商品に関する注意書きが記されていますね。

しかし、肝心の商品の中身に関する表記は全くなく、その上「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証した者ではございません」とあります。

これでは1件メールアドレスを登録するごとに1000円支給されるという言葉にも、疑いが浮かんでしまいます。

また返品方法などについての記述もなく、「ONE」を購入しようとする消費者にとっては不安の種が尽きません。

4. まとめ

今回は新型給付金「ONE」の信頼性を調査してきました。

コロナ禍でよく耳にする「給付金」などといったタイムリーなワードが含まれており、

最初に目にするフレーズも明瞭でわかりやすい言葉が使用されています。

しかし実態としては誤解を招く表現や、特商法に基づく表記が適切になされていないという欠点があり、新型給付金「ONE」を信頼するに足る、適切かつ十分な情報が提供されていたとは言えません。

特に特商法に基づく、万が一の際の返品方法の表示を怠っていることには注意する必要がありそうです。

 

こういった案件が蔓延っているのも世の中に

「今の収入に満足できない」

「不労所得を得たい」

「人生に潤いを与えたい」

と考えている人たちが大勢いらっしゃるからだと思います。

私もそういった思考からいろいろ模索し、失敗を繰り返しながら現在安定した副収入を得ることができています。

もしあなたも興味がお有りでしたら友達登録いただければと思います。期間限定中の月利77%実績のある自動売買FXツールを無料でプレゼントいたします!!

友だち追加

初めてという方でも安心して設定できる環境が整っていますのでご安心ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

《期間限定!》友達追加最高月利70%越えの自動売買ツールをプレゼント中!!

詳細はこちら